愛犬マナのホームセキュリティ:夜の訪客、タヌキの死んだふり


夏の安心ケア:熱中症と花火、雷との戦いで愛犬マナをサポートのつづき

夜の静かな時間帯、子供たちもすっかり寝静まって、イケオジと妻はリビングで穏やかなひとときを過ごしていました。

しかし、突如として、外から聞こえてきたのは、まったくの未知の奇声でした。

愛犬マナの声とは全く異なり、何度も繰り返される奇声がリビングに響き渡ります。イケオジと妻は不思議に思い、その謎の奇声の正体を突き止めるために、恐る恐るリビングを出て、奇声の方向へと足を踏み出してみます。

そして、マナがいる犬小屋の場所に近づくにつれ、予想外の出来事が広がっていくのを感じます。

マナは背中を向け、ギャーギャーと吠えつつ、何かを押さえつけているのです。しかし、その何かこそが、イケオジと妻にとってはまったく予測できない存在でした。それはなんと、

タヌキの姿でした。

イケオジ宅にタヌキが出没!

イケオジと妻はその驚くべき光景に、一瞬言葉を失い、戸惑いと驚きに包まれます。

タヌキはマナに捕らえられ、押さえつけられ、まるで息絶えたかのようにじっとしていました。

「はぁ?」

とつい口から漏れてしまうほど、状況が理解できないまま、イケオジと妻は唖然とします。

なぜこんな場所でタヌキが姿を現し、それもなぜかマナに捕まり、息絶えるほどの状況にあるのか、イケオジには答えが見当たりません。しかも、まさかの夜の出来事というのが、さらに疑問を抱かせました。

いつまでもタヌキをそのままにしておくわけにはいかないと、イケオジと妻は、マナからタヌキを引き離そうとしますが、マナは「どこのドイツだ!」と怒り激しく暴れるので、イケオジは嚙まれることを恐れ、触れるができません。

また野生のタヌキを直接触れるわけにはいかないと考えたイケオジは、近くにあった手袋とスコップを取り、慎重に暴れるマナからタヌキを引き離します。

その後、タヌキを地面に寝かせますが、まるで死んだかのようにじっとして動きません。イケオジと妻は、地面に横たえたままのタヌキを見つめ、その状況に戸惑います。

マナは警戒を解こうとしません。いつでも「ムッシュムラムラ」と戦闘態勢を保ち、状況を見守っています!

「弱っているけれど、まさか死んでいるわけじゃないよね?」とイケオジはつぶやき、妻も不安そうに頷きます。

次に取るべき行動について熟考しながら、二人は思いついたことを実行することにしました。イケオジは再びスコップを手に取り、タヌキを慎重に拾い上げます。しかし、不慣れな手つきで、タヌキがスコップから滑り落ちてしまいます。

「ボテッ」

「うわっ、大丈夫?」妻が心配そうに尋ねますが、タヌキは微動だにしません。イケオジは、「うーん、大丈夫かもしれないけど、タヌキは重いし、扱いにくいな」と答え、再びタヌキを拾い上げ、慎重にスコップを使いながら、少し離れた場所にタヌキを運んでいきます。

タヌキを地面に慎重に寝かせ、再びその状態を確認しました。タヌキは無傷に見えましたが、まるで息絶えているかのように動きません。イケオジはタヌキの不可解な状態に戸惑い、その次の行動をどう取るべきか考えました。

一方で、マナは依然として警戒心を解かず、離れた場所からタヌキを見つめ「なめなめくじくじ、なめくじくじ」と吠え続け「塩かけないでね、粗塩はいやよ」とつぶやきます。

「スッー」

急にはっとして、イケオジはタヌキを寝かした位置を再び確認しました。

「あれっ、タヌキがいません。」

タヌキはイケオジに気付かれないように静かに立ち去ったのです。

突然のタヌキの姿の消失に戸惑いながら、イケオジと妻は「タヌキは死んだふり」をしていたことに気付きました。

イケオジと妻は安堵の息をつきながら、タヌキがどこか近くの森で安全に暮らしていることを願い、

そしてマナは、「奥さん、ええ仕事しまっせ」と、より一層の警戒心でホームセキュリティを強化するのでした。

イケオジ アドバイス!

犬の縄張り

犬は自身の領域を確保し、生存に必要なものを守るために、縄張り意識を持つ生物です。

この縄張り意識は彼らの行動に深く結びついており、飼い主としてはその理解が重要です。

1. 臭いでのマーキング

犬は自身の匂いを領域に残すことで、他の犬や動物に「ここは私の領域だ」と伝えます。散歩中のポストや木に足跡や尿を残すことは、彼らが領域を主張する一環です。

2. 視覚的なマーキング

時には足跡や掘り返しを通じて視覚的なマーキングを行うことがあります。これは、他の犬や侵入者に「ここは私のテリトリーだ」とアピールする手段です。

3. 威嚇行動

犬は領域を守るために、他の犬や侵入者に対して威嚇行動を取ります。低い唸り声や舌を出すなどのサインは、彼らの縄張りに対する強い主張です。

4. 領域の守備

犬は領域を守るために常に警戒心を持ち、侵入者に対しては積極的な行動に出ます。吠えることや攻撃的なポーズをとることがあり、これは彼らが自分の領域を保護しようとする自然な本能です。

5. 独立した活動

犬は独立して探索行動を行い、自身の領域を広げようとします。これは食物や仲間を見つけるために、彼らなりの方法で領域を拡張しようとする行動です。

6. 新しい刺激への反応

犬は外部からの変化に対して敏感に反応します。新しい物や異なる匂いに対する警戒心は、縄張りを守るための一環であり、彼らの領域における自己保護本能です。

犬の縄張り意識は、彼らが安心して生活し、自然な行動を発揮するために欠かせないものです。飼い主としては、この縄張り意識を理解し、犬が安全かつ健康的に縄張りを守る手助けをすることが大切です。彼らの行動の背後にある縄張り意識を尊重し、良好なコミュニケーションを築くことが、共に幸せな生活を送る鍵となるでしょう。

次へ⇒ 夜の緊急事態!愛犬マナの予測不能な逃走とイケオジの大ピンチ

イケオジ ブログの全記事一覧はこちら

(旧twitter) 今日のイケオジはこちら

※当サイトは、アフェリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

害虫害獣駆除:[PR]エアコンクリーニング、ハウスクリーニング、不用品回収と合わせてのご相談でも歓迎!社内研修をクリアしたプロの清掃員が迅速かつ綺麗にお掃除させていただきます。

街角害虫駆除相談所:[PR]市販の殺虫スプレーを撒いただけでは、害虫の根絶は難しいです。害虫をすぐに追い出し、再発はさせません!

ペットにも安全!除菌消臭水:[PR]ペットを飼ってる方必見!トイレ周りや粗相の後など気軽に消臭!・秋田で製造された除菌消臭水「iPOSH」と「ハチふる」のコラボ商品!愛犬が舐めてしまっても安全なアルコール不使用の次亜塩素酸水!

スマートロック:[PR]ドアに取り付けるだけでオートロック!暗証番号や指紋でドアをあけるので、鍵を持ち歩く必要がありません。戸建て、アパート、マンション、オフィス、店舗、施設などあらゆるドアをスマートロック化します。

小型防犯カメラ:[PR]防犯カムカムは日本で最大の小型防犯カメラを取り扱う公式オンラインストアです。小型防犯カメラを取り扱って15年の老舗ブランドであり、累計販売数は約100万個を超え、多くのお客様にご好評を頂いております。

スマートホーム:[PR]住宅建材メーカーLIXILが考えた1つ先の便利な暮らし、スマートホームデバイス。外出先からエアコンON! 部屋に入ると自動で照明ON! 玄関の施錠やシャッターの開閉など様々なシーンでご使用いただけます。

さあ、勇気を出してイケオジブログをシェアしよう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP